11月 102012
 

さて、本日は買い足した備品について。。。

とりあえず旅程上、南ア、南米あたりの周遊が入っています。
なので、安全対策を考えて、色々買い足しました。

買ったものは以下の通り。
 ・防水カバー追加(20リットル対応)
 ・セキュリティロックワイヤー
 ・セキュリティロック(TSA)
 ・腹巻き

防水カバーは、冷静に考えると20リットルがメインでした。
70リットル用も前回の通り買ったんですが、それは全体用です。
全体用って国をまたぐ時の防水対策、宿を買えるときの防水対策なんですよね。
つまりほとんど使わないんですw
他の経験者ブログを拝見するに、パックパッキング用の宿の防犯にはなるらしいです。
というのも、犯罪者の心理からすると、
 1.カバーを外す(しかも中に何のロックがあるか見えない)
 2.ワイヤーを外す、ロックを外す
 3.やっとお宝
という感じらしく、防水カバーがセキュリティ対策になるらしいです。
というわけで、移動時のメインは20リットルなので、そちらを買い足したわけです。

セキュリティワイヤーも買いました。
もともとスノボ用ワイヤーを持っていたので流用しようかと思ったのですが、今回に限っていきなり行方不明。
とりあえず用途としては、宿の柱とくくり漬けるようです。

TSAロックも買いました。
普段はRIMOWAなので、この辺の心配をする必要がないのですが、今回はバックパッキングなので必要になったわけです。
後で書きますが、旅程も米国トランジットではなく、一時的に滞在することが決まったので、必要になりました。
まあ安いですし、今後仕事で米国に行くときに手荷物をTSAロックで処理できれば、と思ったので買いました。

最後に、腹巻きです。腹巻き、というか腹にまくセキュリティカバーです。
今回はおそらくパスポート、世界一周チケットは常に持ち歩くことになると思うので、必須でした。
当初は必要ないかなー、と思っていたので見てみるだけにしようと思っていました。
でも、ふと見てみるとやっぱり鞄をおいて逃げてでも、ってことを想定すると必要かなー、と安全を買ってみました。

あと、冬用のダウンをどうするかが悩みどころです。
なんといっても今回の旅程は
 日本(冬)→北米(冬)→南米(夏)→南ア(夏)→中東(夏)→ロンドン(冬)
なのです。最初に着ていったダウンを最後までどう処理するかが最大の課題になりそうです。
この辺はおいおい考えてみたいと思います。

さて今回のお買い物はざっくり6500円でした。
 セキュリティ関係 6,500
 計 69,500

11月 062012
 

こんばんは。
いやー、毎日仕事しながら色々調べていると片手間になってダメですね。

さて、今日は予防接種です。
色々調べていると、どうやらいろいろなところで予防接種が受けられるらしい。

今日電話して確認したのは、東京検疫所。
http://www.forth.go.jp/keneki/tokyo/
ただ場所が遠いんですよね。
という訳で、東京は八重洲にある東京検疫衛生協会にしました。
http://www.kenekieisei.or.jp/about.html
その他情報によると、こっちの方がやや高いらしい。
まあ、学生旅行じゃないので、このくらいはセレブに、というところでしょうか。

とりあえず電話して、色々教えてくれるかなー、とおもったらすげー教えてくれますw

まず最初に聞かれるのは以下の項目。
 ・旅行日程
 ・旅行先 → ここは世界一周と答える!
 ・南ア/南米に行くかどうか
って感じです。
当然ながら今回は両方いくことになるので、対象となる予防接種を色々教えていただきました。

事前に調べていた感じだと、
 ・黄熱病
 ・A型肝炎/B型肝炎
 ・狂犬病
あたりがヒットかな、と考えていましたが、追加で出たのが
 ・破傷風
 ・日本脳炎
でした。以上の情報をつらつらと。。。(読みにくくてすいません)

黄熱病は南ア、南米に一週間以上滞在するには必須らしい。
国によっては黄熱病の予防接種を受けたかどうかで入国拒否さえもあるとのこと。
ボリビアがその対象らしいです。地球の歩き方とかだと、必要かどうか書いていないので疑問ではありますが。。。

またA型肝炎については経口感染だそうで、南アに行く場合は必須とのこと。
B型は体液感染なので、要はアレかどうかってことです。気をつけろ、と言われましたw

狂犬病は死亡リスクがあるので必須、とあったのですが、実はいらないらしい。
というのも、ワクチンをうけようがうけまいが、病院での対処方法は一緒とのこと。
高山地域、農村地域に長期滞在しない場合は病院にいけるので、保険さえかければどうにかなるらしいとのことです。
あとはとにかく野犬に近寄らない、と。。。(これは無理なんじゃないか、と思いますが。。。)

破傷風は南米、南ア組はかなりオススメされました。不衛生地域で発生するらしい。
抗体は10年もつらしく、日本で生活する分には幼少期の接種で十分とのこと。
10年もつからオトクなんで、どうですか?と言われました。ええ、受けますw

最後に日本脳炎。もはや症状も知らないのですが。。。
アジアに長期滞在するケースでは必要らしい。今回はアジアはインドとシンガポールのみ。しかも一週間未満。
というわけで今回は対象外でした。

最後に、接種スケジュールについて。実はこれが一番面倒。
今回の俺のターゲットは、黄熱病、A型肝炎、破傷風。
混合は接種が3回必要だが、2回まではほぼ必須という仕組み。しかも間に一週間程度が必要。
黄熱病は一発おっけー。ただし、10日後程度して効果が出るとのこと。
混合と黄熱病の間は一週間程度は必須。
という訳で

11月7日  混合+黄熱病予約(27日予定→12月4日以降本格始動のため)
11月15日 混合二発目
11月27日 黄熱病

ってスケジュールにしました。

ちなみにお値段は、、、結構しますね。
あいまいな記憶ですが、
 黄熱病 12,000円くらい
 A型/破傷風 各8,000円くらい × 2(A型だけだったかも)
というわけで、締めて30,000程度飛びます。

スケジュール的なオススメでいうと、体調不良になる可能性もあるので、やはり旅行の予定は早々に組むことがいいらしい。
というわけで退職→世界一周、なんて超短期スケジュールで動こうとする方は行き先と予防接種を専攻するのがオススメです。

一応予算を自分のために追加計上していこうと思います。(思いつき)

 鞄+防水パック 30,000+3,000
 ワクチン 30,000

 計 63,000

さて、風呂に入ってカイロのフライトプランを練るか。。。

11月 052012
 

とりあえず忘れないうちに今日やったことを。。。

鞄買いました。

以上です。

世界一周旅行をするのに、やはり考えなければいけないのはカバンかなと思ったわけです。
RIMOWAの一週間用のを持っているので、それでもいいじゃーん、って話もありますが、次の記事にしますが、ターゲットから考えるとRIMOWAは危ないと思ったのです。

まず、ターゲットは以下の通り。
・南米は必須
・南アも必須
・南極も必須(つか、ペンギン見たい、ってのがコトの始まり)
・ヨーロッパは仕事で行けそうなので行かない
・キワモノの国に行きたい
・20代のうちにバックパッカーしてました、と言いたい

以上のことから考えると、RIMOWAはイマイチかなー、と思ったわけです。
ガラパゴスに行った時は、RIMOWAで洗濯一回で14日過ごせたので余裕だったのですが、いかんせん今回は2カ月。
というわけで、候補はバックパッキング用。

ぐちゃぐちゃ調べる&観光地に行った時の外国人の方の鞄をみると、やっぱりでかいやつ背負ってるんですよね。
でもあれすげー重そうなんですよね。
こないだバリに行ったときに、ウブドにバスツアーで行ったんですが、やつらはカバン持ちすぎ。
リュックのせいで足は押しつけられるわ、前見えないわで死にそう。なんでしたっけ、これ?と。。。

で、冷静に考えるとどうせあきらめて洗濯するので、そこそこのサイズが入ればいいかなー、と。
候補に挙げたのは
・オスプレー メリディアン
・イーグルクリーク どれかw
バックパッキングもするけど、最初の成田で動けなくなるかも、というリスクを考えると、最終的にコロコロが必須、と思ったわけです。
実際良かったかどうかは二ヶ月後のブログにて。。。w

基本的にオスプレーのほうがカッコよかったので、そっちを狙っていたのですが、好日山荘ではまさかの全滅。。。
銀座店で問い合わせしてみると、全店で在庫がないとのこと。
そんなこんなで本日、お茶の水のエルブレスに出陣。
実はオスプレーも、メリディアン以外に、ソージョンというモデルもあってそれも探してました。
ソージョンはエルブレスにあったのですが、今回は不採用にしました。その理由は、デイバックがないということ。
実物を見てもすごくかっこいいんだけど、それだと何ももってない俺からすると早速圏外。

続いて目に入ったのは、カリマーのエアポートプロ。
しかし、、、でかいんですよ、これ。ネットでみると70リットルがあるという情報もあったけど、80しかないんです。
80リットルは実物で見ても相当でかい。背負ってみてもでかい。190近い身長の俺がいうくらいだから本当にでかい。
レインカバー、デイバック、コロコロもついて3万切るんだからお買い得だよねー、と小一時間悩みました。
でも、結論はアウト。

イーグルクリークもあって比較したのですが、最後の決め手はコロコロと生地でした。
カリマーの記事は、一言で言うと3000円くらいで売ってる安い布スーツケースのような感じ。
イーグルクリークはもっと薄い感じだけど、ちょっと信用できそうな感じだったのです。(もはや個人の感想ですが)

あと、コロコロ。
参考にしていたブログはコロコロのサイズが大きいほうが鞄の下をこすらない、と主張されていたので実験しました。
結局かわりません、3社とも一緒。コロコロのサイズもほとんど誤差だと思います。
むしろ俺が気にしたのは、コロコロのポジションです。
カリマーのコロコロはむき出しだったの。一方、残りの二社はカバーがあったんです。
コロコロって予期せぬ衝撃を受けたときに壊れると思うんで、横方向からの力を受ける構造になっているのに不安を覚えました。
実際に壊れるかどうかはわからないけど、個人的にそこだろ、と思ったわけです。

そんなわけで長くなりましたが、イーグルクリークのスイッチバックモジュラー26にしましたとさ。
持ち込みのことも考えたけど、まーばれないサイズだと思う。
あとは感覚的にいつものRIMOWAとにたようなサイズだったのも安心したのかな。

そんなわけで、コロコロ付バックパッキングを探している人のお助けになれば。。。

明日は、南極手配とアルゼンチンの経路について本気で考えると思うので、その辺をメモ出来ればと思います。

≪非常に参考にさせていただきました!≫
http://anyouba.exblog.jp/17876569

長期海外旅行はソフトキャリーバッグ(コロコロバックパック)がおすすめ

11月 052012
 

ご無沙汰しております。
とりあえずの報告として、転職することにしました。
ずっとコンサルやるのもきついなー、と思った矢先、良縁に恵まれました。

そんなわけで、12月から二ヶ月間(厳密には1カ月と20日位)のお休みが手に入ったので、世界一周旅行に行くことにしました。
いろいろと調べていくと、ウェブでかなりの情報が取れますので、かなり詳しくなってきました。
今後同じことを考える人たちのために、こちらに記録を残すことにしました。

というわけで、次回以降思ったことを書いて備忘録にしていきたいと思います。