50.旅行

50.旅行

ギリシア旅行(アテネ 編)@6月6日

ラマダン明け休暇を使ってギリシアの島めぐりをしてきました。サントリーニ島とミコノス島を巡ってきましたが、アテネの立ち寄り記録。前回結構回っているので、今回は殆ど情報無しです。
50.旅行

ギリシア旅行(ミコノス島 編)@6月4日~5日

ラマダン明け休暇を使ってギリシアの島めぐりをしてきました。サントリーニ島とミコノス島を巡ってきましたが、ミコノス島編になります。
50.旅行

ギリシア旅行(サントリーニ島 編)@6月1日~3日

ラマダン明け休暇を使ってギリシアの島めぐりをしてきました。サントリーニ島とミコノス島を巡ってきましたが、サントリーニ島編になります。
50.旅行

南イタリア旅行(ナポリ・カプリ・アマルフィ編)@4月9日~11日

イタリア旅行第二弾。基本的に同じ国には二回行かないポリシーですが、それでも行きたくなる国イタリア、今回は南イタリアに。後半戦ですが、シチリアからナポリに抜けて、カプリ、アマルフィ海岸を回ります。かなりの強行軍で、一日でカプリ、アマルフィ海岸、間にソレント、サレルノを経由するプランを紹介しています。
50.旅行

南イタリア旅行(シチリア・パレルモ編)@4月6日~8日

イタリア旅行第二弾。基本的に同じ国には二回行かないポリシーですが、それでも行きたくなる国イタリア、今回は南イタリアに。前回のバーリ、マテーラ、アルベロベッロを離れ、南イタリアのメインとも言えるシチリア島に行きました。シチリア島は島ですが、見どころは東と西に分かれていて、今回は西のパレルモに向かいました。モンレアーレも。
50.旅行

南イタリア旅行(マテーラ・アルベロベッロ編)@4月1日~5日

イタリア旅行第二弾。基本的に同じ国には二回行かないポリシーですが、それでも行きたくなる国イタリア、今回は南イタリアに。バーリを基点に、マテーラ、アルベロベッロを訪問しています。現地情報、わかりにくい鉄道の情報等も踏まえていろいろと情報を整理、公開しています。
50.旅行

12月12~15日:デンマーク・コペンハーゲン旅行

コペンハーゲン旅行です。本当はもっと美術館とかも含めていろいろ見たかったのですが、いかんせん寒くてまったく動く気がせずあんまり観光できませんでした。夏に来たいです。人魚像、ニューハウン、救世主教会なんかはモニュメント的にすごく楽しめるのでお勧めです。ニューハウンは、ベルゲンの古民家群とすごく似てます。
50.旅行

12月8~11日:南仏・モナコ旅行(モナコ編:12月11日)

モナコ二日目です。海洋博物館、旧市街、王宮、ヘアピンカーブ、トンネル、日本庭園、バラ園、と主要どころはすべて一日で回ることができました。街はさほど新しくはないですが、すごくきれいな街で、世界のリッチの仲間入りをした気分になれます。売っている時計も高い。。。が、手に入らない時計が普通に売っているのは流石モナコ、という感じです。ぜひホテルもいいところに泊まるのがいいと思います。
50.旅行

12月8~11日:南仏・モナコ旅行(南仏エズ・モナコ編:12月10日)

ニースからモナコに向かいます。モナコ方面には超有名な観光地であるエズがあるので、エズ経由でモナコを目指すことにします。ここまで来ると、もはやガイドブックがなくても、なんとなく途中下車で行けてしまう感じです。エズはニースで一日しかないなら絶対行くべき、といわれるだけあって最高の場所でした。夏はもっと混むみたいですが冬はほとんど貸し切り状態で絶景を一人で楽しめます。モナコはとにかく金持ちの国!ケチらずにとにかく財布のひもを緩めて楽しむと少しは金持ちの気持ちがわかる気がしてきます。
50.旅行

12月8~11日:南仏・モナコ旅行(南仏アンティーブ・カンヌ編:12月9日)

ニースから、アンティーブ・カンヌへの日帰り旅行です。見るもの、という意味ではアンティーブもカンヌも少ないので、日帰りでも十分なのですが、アンティーブは一泊して街の雰囲気を楽しむのも一つかもしれません。ピカソがなぜこの町を選んだのか、というのを感じながら過ごすのもいいと思います。カンヌはやはり赤絨毯!残念ながら訪問日が日曜だったこともありほとんどの店が閉まっていたのですが、派手なカンヌも次回は見てみたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました