12月 132012
 

北米初日です。

やはり何も調べない旅の限界をいきなり感じさせられる。
まず地下鉄の乗り方、というか空港からどうやって出るかわからない。w
まー、どうにかなるだろとAir Trainに乗り込んで、そこから経路を必死に考えてみる。
というのも、予約していた宿の I love dormitoryの情報によると、JFKからタクシーだと65$(二時間)という情報があったからである。

初日から、しかも先進国でチキって5,000円近く旅費を嵩ませるのはイカン。。

その一声だけで、地下鉄を選択。結果、正解。
ニューヨークの地下鉄は世界的に非常に難しいとされるが、東京の地下鉄で経路を見ないで考えたり、溜池山王・大手町あたりの乗り換えが出来る人間なら、ニューヨークなんて余裕です。
あと治安問題についても、ぶっちゃけあまり問題がなかった。
というわけで、最寄りの6号線125stに到着。

とりあえず宿を探すもよくわからない。。。
しかも周りは黒人ばっかで、「あれ、こんなエリアでしたっけ?」状態。
さっそく旅行の前にはガイドブックを読まないといかんなぁ、と実感する事態に。。

そしたら、いきなり近くの人が声をかけてきてくれて、やっと宿を発見。
そりゃそうです、ドミトリー慣れしてないともはや分かりませんw

dorm_entrance

初日は積極的に絡んでいこうと思っていたので、いろいろと話してみる。
と、まさかのそこにいたカオル君(22才)と音楽の趣味がばっちし重なっているという事態。

そこからひたすらに盛り上がり、いきなり友人のホームパーティに乱入することに。
初日はあんまり英語話したくないなー、と思っていたのにいきなり国際色豊かな一日になりました。

パーティ自体は3時くらいに切り上げたんですが、そのあとはカオル君と音楽トークで朝まで飲みっぱなしです。

home_party

そんなわけで、時差もあって初日も観光して調整しないとなー、とおもった矢先、初日から朝9時まで飲んだくれていましたとさ。

12月 042012
 

4日目は疲れたので、最小限の旅行にとどめることに。

疲れたというか、石畳を毎日数時間歩くと足にガタがきます。

とりあえず最初はメシなので、みなさんオススメのEgg benedictを食べにAmsterdam Ave.に突撃。

アメリカ飯はまずいまずいと聞いてたけど、これは相当うまかったなー。
Sarabeth’sにて。

sarabeths_rest
Sarabeths

まー、出てきたときの感想としては、これはそりゃ美味いでしょって感じw
20$位するから朝飯としては高すぎるけど。。。

本日の観光は、こんな感じ。

ブルックリンブリッジ

ブルックリン

橋にいると、中からは撮りづらい。。。

絵描き
絵描きのおっさん。衝撃なのは、上手いな~と思ってみてたら、もともと印刷してある紙をひっくり返して線をなぞって“描いた風”を装っていたこと。
それでも買うわけだから、なかなか商売上手です。

ダンボ側からの写真。

ダンボ側

ダンボ

マンハッタンの雰囲気が好きって人が多いらしいけど、個人的にはブルックリンのほうが好きでした。
こっちのほうが町としてキレイよね。雰囲気も落ち着いているし。

生もみ
完全にクリスマスシーズンです。こっちは生モミですね。

そのまま北上して国連撮影

国連

5番街でHERMESを見たかったので、5番街歩き

カルティエ

フェンディ

FENDI

ハリーウインストン

HW

ブルガリ

 

BVLGARI

 

ティファニー

tiffany

ティファニーは結構期待してたんだけど、イマイチだったなー。

ほんとはMoMAに行きたかったけど、時間がなかったのと、目の前を歩いたのに気付けなかったという。。。
代わりに時間がよかったので、ロックフェラーセンターのライトアップを見ることができました。

rf_lightup
あんまり、ライトアップされてないけど。。。

 

そんなわけで明日は準備して、メキシコシティに突入します。
治安が悪い悪いといわれるメキシコシティですが、さてどうなる事やら。。。

12月 032012
 

さて、三日目です。
二日目を半分以上寝ていたこともあり、体力はかなりの回復を見せました。
むしろ問題は金がないこと。

現在起きている状態を改めて整理すると。。。
・世界一周チケットのカード引き落としが間に合っていない
(つまりクレジット与信がいっぱいで、キャッシング出来ない)
・何も調べずにきたので、北米の両替は非常識だと知ってやられる

さて、手元にあるのは嫁が持っていたのをひっそりパクってきた10ドルのみ。うーん、何もできない。

というわけで、最初にタイムズスクエアに行って両替。
昨日の深夜観光において、主要な両替所の場所は抑えておいたので、ラクラク移動。
ブロードウェイから一本ハズれたあたりにあります。

ここでコミッション15%という謎のボラれっぷりをみせ、6万円も両替したのに換算ベースでは1ドル110円くらい。(ちなみに現時点レートは悪く見積もって82円)
個人的に、日本で両替をほんとに忘れた人は、空港での両替をお勧めします。
500ドルを超える場合はノーコミッションでやってくれるっぽいので、ボラれ具合もマシです。

さて、とりあえず現金を手に入れたので、本日の観光はクリスマスシーズンということもありビルシリーズへ。

セントパトリック教会(ロックフェラーに行く途中で発見)

※ 現在は工事中らしく、外部の見た目があまりうまく撮れなかった。

ロックフェラーセンター

冬になるとスケート場がオープンするらしく、親子、カップルがスケートしまくり。
ここで一人でカメラ持って立ってると、ひたすら Can you take a photo? です。
おそらく10枚以上は撮りました。

エンパイアステート


後々気付いたのは夜景を撮影しなかったこと。。。

自由の女神

ウォールストリート+メリルの牛


やはり牛は後ろの方が人気っぽい。


なんというか、ひしゃげたWall St.が哀愁を誘います。
近辺の主要なビルを撮影するも、まあ普通の通りでした。
考えてみると、日本橋兜町ですもんね、自宅の近くです。

City Hall


暗くて遠方が取れなかったので、Court。

あとはCity Hallまで来たので、チャイナタウンでショウロンポウを食べて終了。

女神はガイドブックに乗っている通り、無料のスタテンフェリーを使った方がいいです。
確かに真横に近接できないことや、写真が厳しいのはありますが、十分です。
というか通常のプランが高すぎる&並びすぎる。
あと、個人的にマジックアワーを狙うと良いと思います。俺はややマジックアワーでした。
30分おきに運行しているので、その日の日の入りを狙うと美しいのが撮れます。行き帰りで往復一時間は使うので、行きで撮るのか帰りで撮るのかは考えるべきです。
なお、船の発着方向と右左があいまいでしたが、基本的に女神側に常にいることがポイント。

あと、まったく関係ないですが、初日にカオル君がまさかのFrancois Kの奥さんと知り合いということだったので、Francois KがレギュラーパーティーをやっているCIELOに突撃しました。
1時過ぎに到着したところ、まさかの入場拒否。
とりあえず嫁さんの知り合いですという理由で裏口から侵入して、仲良くなって帰ってきました。
個人的には観光もよかったけど、Francois KのDJがタダで聞けたのは相当でかかったなー。

12月 022012
 

とりあえずひどい目に逢いました。
・前日朝9時まで飲んでいたため、今日観光するはずがまさかの17時起き。
・騒ぎすぎたために風邪をひいてのどが痛い。
って感じです。

そんなわけで二日目の活動開始時間は23時。
もはや時差を体調不良で直すという荒療治で観光に突撃

そもそもニューヨークの地下鉄が24時間営業であることを情報として仕入れたため、動き出しにかかったわけですが。。。
(そもそも常識らしいですが、ガイドブックすらまともに読んでなかったので知りません)

というわけで二日目は眠い目をこすりながら、名所ツアーへ。
昨日のカオル君とビールをあおりなながら、名所をひたすら案内してもらう。

グランドセントラルターミナル

  GCT

 ※ すごく今更ながら、ラリーグラハムのアルバムの元ネタを知るという。。。

ニューヨーク市立図書館+ブライアントパーク

NYC図書館

Bpark

タイムズスクエア

Timessquare

きぐるみ

なぜか、タイムズスクエアには出来の悪いきぐるみがいっぱい。
特にセサミストリートは良いんですが、ディズニーの出来が悪いww

とりあえず名所は名所で回ったので、良かったのかなと。