12月 182012
 

さて、本日はイグアス最終日なので、時間を計算しないと帰れないことになるので、必死です。
まず最初に情報収集から。

ドミの同室に居たアメリカ人の話によると、ブラジル側のイグアスは日帰りで行けるとのこと。更には、18時に帰ってくることも理論的には可能ではないか、との話だった。
しかも直行往復バスが出ていて、それで行けちゃうらしい。
というわけで、ブラジル側に行くかどうかはVISAを申請しながらも悩んでいたけど、実際に行くことに。

まずは、ブラジル大使館でVISAを取ることが先決。これがないと、イグアスはおろか、マジで帰れなくなる。。。
ブラジル大使館による前に、バスターミナルによって時刻表を確認。

VISAを取るのが11時というのを考えると、12:20のバスに乗って、帰りは14:50か17:00ということに。
17時だとすると、フライトが20時30分なので、チョイギリくらいだけど、まあ国内線だから大丈夫だろうと判断。

なお、この時刻表はブラジルから出発する便についても、アルゼンチン時間です。
なんでこんなことを書くのかと言うと、ブラジルとアルゼンチンでは時差が1時間ある。
つまり17時のバスがアルゼンチン時間だとすると、アルゼンチンの18時にターミナルに戻ってこられる。
一方で、17時のバスがブラジル時間だとすると、アルゼンチン時間の18時にバスが出るので、アルゼンチンの19時にバスターミナルに戻ってくる。フライトにギリ。
結果として間に合ったのでよかったですが、同じ悩みを抱える人のためにメモ。

そんなわけで行けそうなので、とりあえずブラジル大使館へ。
先のエントリに書いた通り、不足した50ペソを請求されて支払う。だから、130払った時点でおかしいって聞いたのに、マジ使えない大使館のオッサン。

まあ、言っても始まらないのでとりあえず昼飯。

アルゼンチンで初めて豚肉を食べました。牛肉だけだろー、と思ってたけど豚肉もマジで美味い。
この国は肉を食べたい人には最強の国だと確信した瞬間。

そんなこんなで昼飯の後に、バスに乗ってブラジル国境へ。
国境では人生発の陸路での国境通過。イミグレはこんな具合。

ここでまさかの衝撃の事実。
ブラジル側イグアス直行バスに関しては、出国手続きはあるけど、入国手続きがない!
なので、パスポートの記録上は「日本を出国して、どこの国にもいない」という不思議な状態になる。
当然ながら、VISAが要らない。。。せっかく取ったのに。。。
90日マルチプルのVISAなので、三ヶ月以内に仕事で行けますように。。。

まー、いいや、ということでブラジル側イグアスに到着。

内部の構造はこんな感じ。

メイン通りをバス(無料)で移動しながら、各種アクティビティがあるバス停で降りて行動していくらしい。
バスは色とりどりでイグアスで出会える動物のペイントがされている。

とりあえず三つめのバス停がイグアス全体の入り口、四つ目(終点)が悪魔の喉笛の入り口。
今回は三つめから見たかったので、三つ目で下車。
さっそくちょっと歩くと、昨日見た滝がもうちょっとハイアングルで臨めた。

突っ込んだ滝も、アルゼンチン側からだと地形的な問題で奥から見られなかったけど、ブラジル側からなら見られる。

三つ目のバス停から見られるのはこのくらいで、四つ目まで徒歩で行けるのでそちらに移動することに。

4つ目のバス停付近はデッキがあって、そこから滝が見られる形になってます。

そのデッキから撮った悪魔の喉笛の横から写真

ブラジル側のイグアスは悪魔の喉笛を見ることに特化して設計されているらしく、悪魔の喉笛を見る分には非常に見ごたえがあります。
展望デッキもあるので、中階層まで登っての写真。

最後に最上階層まで登った写真。

アルゼンチン側はアクティビティを楽しんだり、滝の全体感を楽しむ感じ。
一方でブラジル側は悪魔の喉笛一本、って感じ。
まあ、どちらに泊まっていても往復は容易なのでどっちが、ってわけではないけど、アルゼンチンの後にブラジルが個人的には良かったかな。
ブラジル側で喉笛を見てから、アルゼンチンで喉笛を見ると、距離の割にって思ってしまうかも。

そんなこんなで、ブラジル時間17時にバス停で待って、一時間待たされた後にそのまま、空港に入りましたとさ。
(先に書いた通り、アルゼンチン時間17時なので、ブラジル時間18時にバスが到着するため。。。)

そのあとの話は、また次のウシュアイア編で。

12月 172012
 

今日こそは滝に行くぞ!、ということで意気込んで7時半にホテルの前で待つものの、なぜかバスが来ない。。。
まぁ、アフリカンタイムだろー、と思って一時間ほど待ってもまったく来ない。。。
これでは、ブラジルビザの申請が今日出来てしまうではないか。。。

ということで、ドミのカウンターに聞いてみると、、、
「え、チケット手配しただけで、ツアーじゃない。公園までは自分で行け」
と。。。ブチぎれてみるも、何も変わらず。

というわけで、午前中はブラジルビザの申請にあてて、午後からアルゼンチン側のイグアスに突撃することが決定。

仕方なくビザを先に申請するために、ネットから書類をダウンロードして、カウンターで印刷させてから、カネ、書類、写真を持って大使館へ。
万が一パスポートをなくしたら、と思って準備していた写真がここで役に立つとは。。。

いざ大使館で聞いてみると、
「必要書類が足りない。eチケットを持ってこい」
とのこと。
まあ、ネットで調べた情報だし、大使館で書類不備を言われる覚悟はあったので、とりあえずeチケットを取りにドミに戻る。

再度、大使館で申請してみると
「銀行の残高証明を持ってこい」
とのこと。
しかも、この段になっていきなり必要書類のリストを出してくる大使館スタッフ。
そういうのは一番最初に出して説明するのが世界のルールだろ、、、と思いつつ、半ギレで横のホステルに行く。
大使館の横にあるホステルはパソコンとプリンタを使わせてくれるので、大使館からも横に行け、と言われます。
オンラインバンキング登録してある銀行口座にアクセスして、残高英語版を印刷。
これでオンラインバンキング登録してないときはどうするのだろうか。。。

そんなこんなで、大使館スタッフのオヤジにキレつつ申請。
そしたら申請書の下に、ドミトリの電話番号をかけ、とのこと。
そういうのも先に言えよ、、、調べてねぇよ。。。と思いつつ、ドミに一瞬戻り番号をメモ。

最後に130ペソを支払って、申請完了。
明日の朝11時には、ビザが出るそうです。

ちなみのちなみに、ビザ申請時点で、俺は80ペソしか払わなかった。
その理由は、大使館スタッフが日本人は80ペソと言ったから。
でも、結局ビザを受け取る段階で、謝罪もなく50足りないから払え、とその場で請求されました。

もうね、ブラジル大使館スタッフがいい加減過ぎて、マジギレです。
イグアスでブラジルビザを取ると一日で取れるのは事実ですが、かなりイラつかされるので、最後にまとめておきます。

===≪ブラジルビザ申請方法@プエルトイグアス 2012年12月現在≫===
【申請場所】
ブラジル大使館@プエルトイグアス
※ バスターミナルから徒歩1分くらい。
【申請時間】
朝9時~朝11時
※ この申請に限り、翌日受け取り可能。
【受取時間】
朝11時
※ ビザセンター?的なところからの輸送車が遅れるぽいので、少し待つ。
【必要書類】
・パスポート(一日預けっぱなしになる)
・申請書類(ブラジル大使館ウェブサイトから行ける)
・顔写真(3.5×4.5 だと思う。3×4、5×5とかも持ってたので忘れた)
・申請金(130アルゼンチンペソ)
・eチケット(ブラジルが経路に入っていない場合は、日本発着の証明が必要)
・銀行残高証明書(英語。銀行名、口座番号、通貨等は問われない。)

ぜひ、次回申請される方は俺のようにイラつかないように。。。