1月 142013
 

さて、移動日です。
移動日ですが、午前中は時間があるので、ロンドンで見逃していたアビーロードとピカデリーサーカスを見にいくことに。

まずは、アビーロードスタジオへ。
行き方は他のブログが詳しいですが、セントジョーンズウッド駅だったかな。
IMG_6104

なお、みんな横断歩道でアビーロードの写真を撮りたがるので、この横断歩道だけ、歩行者注意の信号的なものが出ています。

そして、撮った一人アビーロード。。。
荷物が重かったのもあって、微妙に傾いている。。。けど、外国人の方に撮り直しをお願いするとめんどくさいのは他の国で分かっていたので、これで我慢。。

アビーロード待ちの人。
みんな大好きです。

さて、アビーロードが終わったので、ピカデリーサーカスへ。
まさかの雪が降ってきて、クソ寒いロンドンの最終日でした。

さて、お時間も12時。フライトが15時なので、もう移動します。
この後は夕方にはミュンヘン、そのままオーバーナイトでデリーに入ります。

と、思ったらミュンヘン=デリーのフライトで、座席の都合なのかいきなりビジネスにアップグレードされました!

ルフトハンザのビジネスに乗れると思っていなかったので、非常に楽しかった。。。
が、乗ってみて思ったのはやっぱりANA、JALのサービスレベルが非常に高い。。。

1月 132013
 

さて、本日はケンブリッジを午前中に観光して、その足でロンドン観光に向かいます。

まずは、ケンブリッジ大学の中にあるKing’s Collegeへ。
ケンブリッジは日本の大学とは違っていて、Collegeの集合体になっているとのこと。
で、そのCollegeごとにキャンパスがあるようなイメージになっています。
その中でKingと付くだけあって、昔の王様が寄付して作られたもっとも裕福かつ立派なカレッジなわけです。

その内部に入場してみました。
ここは内部のチャペル。

ちょうどパイプオルガンの練習がされていたんですが、もう圧巻。
なんというか、こんなのを江戸時代とかに作っていたことを考えると、こういう国とケンカしても勝てないだろー、って感じです。

そのあとは、ちょっと前に見たため息の橋に続いて、数学の橋。

最後に、よく写真に使われるというポイントから一枚。

なんというか、日本の大学がいかに歴史、というか高等教育機関じゃないんだなぁ、というのを実感させられました。

さて、この時点で時間は午後なので、ロンドンに向かいます。
しかし、片道22GBP(3,000円くらい)ってどうにかならんもんなのか、、、高すぎる。。。

とりあえずロンドンについて、チェックインしてから活動開始。
ロンドンでもHERMESで買いたいモノがあったので、HERMESの場所を中心に観光することに。。。

とりあえず最初はロンドンタワーあたりにいけそうなので、まずは準備銀行あたりで降りる。

そのまま歩いて、London Bridgeからテムズ川の水上バスでビッグベンあたりまで行くことに。

London Bridgeの近くには、Tower of Londonがあって、博物館なんかも併設されてます。

とりあえず時間がないので、Towerには入らず、早めに水上バス乗り場へ。
水上バス乗り場からTower Bridgeを撮影。この下はバスが通っていなかったので、あえなく横から撮影。。。

水上バスに乗って、ロンドンブリッジを通過。

しかし、この季節の水上バス、非常に寒い。。。
しかもバスに乗る時点で、チケットカウンターのおばさんが、「めっちゃ寒いし、近いけど乗るの?」と聞いてくる始末。良いから乗せてくれ、と。。。

そのまま乗っていると、観覧車へ。

そして、やっとでたビッグベン。

ビッグベンは水上バスから見た景色の方が良いと聞いてましたが、確かに、という感じ。
後で議事堂側からみても、色合いは議事堂側の勝ちかな、って感じですが、トータルの風景としては水上バスがオススメです。

さて、水上バスでWestminsterまで行って、地下鉄で議事堂に行こうと思っていたら、冬は水量の関係で水上バスがWestminsterまで行けないとのこと。。。
まさかの予定変更で、HERMES探しにHarrodsに先にいくことに。
この季節はライトアップが非常にキレイ。

やはりHERMESは手に入らなかったので、戻って議事堂に向かうことに。
途中で出てきたビッグベンの議事堂側。

で、大ダマの議事堂。

議事堂の中では、衛兵の交代がメインイベントらしく、看板が出ている。

議事堂の前には、立派なオブジェ。。。

手前の黒っぽい別のオブジェはこんな感じ。

とりあえず、一通り観光して、エールが飲みたくなったので、パブに突撃。
泥酔してしまったので、そのまま帰りました。。。

なお、ホテルの近くのセントパンクラスがライトアップされるとこんな感じ。
雰囲気が昼とは全く異なりますね。

明日は、午前中にビートルズしてから、インドに移動します。

1月 122013
 

さて、二日目です。
一応、先輩の家に行っていたので、申し訳なさから一泊にしようと思っていたのですが、二泊させてもらえることになったので、そのまま二泊することに。。。

というわけで、先輩プレゼンツで観光することに。

一件目が、何かの記念碑。。。(名前を完全に忘れました)

二件目が、ラベンハム。
一言で言うと、傾いた家が集まっていることで有名な町です。

これが結構衝撃でして。。。こんな感じ。

中がどうなっているのかも分かりませんが、なぜこうなったのかもよくわかりません。。

非常に小さい町だったので、さっくりと一周してそのままランチへ。
かわいい看板もあります。

その日オススメだったスープ。

奥さまオススメのクリームバターとパン。
これマジでうまいんですが、自宅で作るにはバターが手に入らないらしい。

というわけで、さっくり観光を終えて、帰り際に
「イギリスに来て城を見てないのはいけてない」
というお言葉に従い、近くの城へ。

三人で衝撃を受けたのが、白の横にダンジョンの文字。
ダンジョンって単語をゲーム以外で見たのは初です。

というわけで、日も暮れたので、先輩の留学仲間と一緒にパブで夜を過ごして終わりました。

なんかケンブリッジの生活はこれまでの旅行と違って、時間もゆっくりだし、テンポもゆったりしているので、非常に落ち着いた二日間が過ごせました。

明日はロンドンに向かいますが、午前中はケンブリッジで一番メジャーなKings collegeを見て、から電車で移動したいと思います。

1月 112013
 

さて、本日はパリからイギリスに向けて移動です。
ケンブリッジが目的地で、先輩が留学しているのでそこに泊めてもらいます。

今回、ロンドン、ケンブリッジについては何も調べていないので、現地で情報をいかに仕入れられるかの勝負になります。
まぁ、先進国なのでまったく気にしてないんですが。。。

とりあえず、ネットで先日予約したユーロスターが午前10時過ぎくらい発だったので、朝8時くらいから準備をして9時チョイにつく計算で、宿を出発。

歩きながら購入確認メールを見てみると、、、「最低でも45分前に発券せよ」とのこと。
むむむ、、、さっそくヤバい香りがする。。。
ただのEU圏内の移動ならいいんですが、イギリスだけはシェンゲン条約外、通貨も別、通関あり、というの事態。。。

とりあえず激烈急いで走って行ったところ、50分前に到着して、ギリセーフ。。。
このチケットマシン?が分かりやすくてよかった。。。

ちなみにターミナルはこんな感じ。
フランスなんだけど、ハリーポッターの香りがします。

で、二時間くらい電車に揺られていると、もうすぐにイギリスに到着。
ロンドンのどのへんのポジションかよくわかりませんが、セントパンクラスに到着。
どうやら、ロンドンのターミナル駅らしい。

で、このセントパンクラスこそが、まさにハリーポッターでした。

僕は実は一作目を読んでいないので知らなかったんですが、このターミナルから魔法の国に出て行くんですね。
レンタルマフラーでみんなジャンプして写真撮ってました。

さて、セントパンクラスは終着点ではなく、ケンブリッジまで行かないといけないので、駅員にとりあえず行き方を聞いてみる。
どうやら、セントパンクラスではなく、横のキングスクロス駅側からケンブリッジ行きが出ているらしい。
というわけで、とりあえずそっちに向かって、一時間ほど電車にのると、もうそこはケンブリッジ。
(雑な説明で申し訳ないです。。。)

ついて早々、先輩が昼ごはんに美味しいパブにつれていってくれ、そこで食べたフィッシュ&チップス。

周りを見てると、これしか頼んでない香りも。。。イギリス人はフィッシュ&チップスしか食べない、という噂は本当だったっぽい。。。

昼ごはんといっても、既に15時くらいでしたが、どうやら冬のケンブリッジは日が落ちるのが早いそうなので、早々に観光に出ることに。

とりあえず歴史から説明してもらったところ、これがCam(ケム)川だそうです。
ケム川にかかる橋、でケンブリッジになったそうな。

で、海外経験の少ない俺的に衝撃だったのが、大学のキャンパスを見学するのに金がかかるということ。。。

先輩の奥さまの話によると、有名な大学ほど高いカネをとるらしい。
でも、実際に入って納得したのは、歴史、というか重厚感がすごい。ショボい博物館を優に超えるレベルです。
ちなみに先輩が学生証を持っていたので、フリーで入場できました。

そのあと紹介された「ため息の橋」

入社当時から、「お前はため息が多い。ため息ついたら、罰金」という制度をしかれたくらいなので、紹介されました。
ちなみに、ワタクシのため息は仕事の鬱ですが、このため息はキレイすぎて出るため息だそうです。レベルが違います。

さて、そのままいろいろと紹介されるも、日が落ちるのが速すぎて全然観光できず。。。
というかケンブリッジの町は学校の町っぽいので観光する場所がないらしい。
なので、そのまま先輩のうちで少し休んでから、夕飯を食べにパブに。

今度は超有名な店、Eagleへ。
DNAの二重らせん構造が発見された場所らしい。

そんなこんなで、イギリスの初日はふけていきましたとさ。

明日はノープランですが、どこかに連れて行ってくれるらしい。。。