12月 252018
 
Pocket

さて、ダイヤモンドの街、アントワープに向かいます。

ブルージュ同様ブリュッセル南駅からICにのって一時間位電車で向かいます。

 

ダイヤモンドのみならず港町としても栄えるだけあって駅もかなり立派です。

アントワープの街もブルージュ同様、基本的には一本道で歩いていけば、その道か側道に全ての見どころが詰まっているので楽に移動できます。

 

まずは駅近くから行くということでルーベンスの家に行きます。

ルーベンス自体は外交官として活躍していたのみならず、絵画のセンスもあったということでルーベンスの作品が集まってます。ぶっちゃけあまり知らなかったのですが、アントワープゆかりの場所、ということ形で見ると結構面白いです。

 

ちょうど自画像も復旧完了だったので見ることが出来ました。

続いて、フルン広場に向かいます。

ちょっと到着時間が早かったこともあり、クリスマスマーケットの設営中でした。

そのままノートルダム大聖堂に向かいます。

アントワープのノートルダムと言えば、フランダースの犬の場所で、フランダースの犬のオブジェが目の前に広場にもおいてあります。

そのまま大聖堂の中に入ります。

大聖堂の中にあるルーベンスの4枚の絵はあるのですが、フランダースの犬で有名なのは右側に展示されている「キリストの降架」なのですが、大聖堂に行くと「キリストの昇架」(左側)の方が絵の迫力もあるし、説明も珍しく日本語で設置されていたりと丁寧なので、そちらに人が集まっています。

(というわけで、気づかずに右の写真だけスルーするというミス。。。)

 

続いて市庁舎広場に向かいます。

運悪く、市庁舎は改装中、広場も工事中、ということで市庁舎は看板になっているし、広場も幕だらけで、結構悲惨な感じでした。

ここまで来ると、駅から港まで来られるので、港側の様子。

 

ステーン城

港から大聖堂を望む

最後に最近できたというダイヤモンド博物館に。

展示自体はブルージュの方が面白いのですが、ダイヤモンドに関する知識という意味ではこちらも負けず劣らずです。

 

時間が余ったのでビールを飲んで、駅近くの有名というDelReyチョコレート屋に

今日はベルギー最終日なので、ブリュッセルで美味しいというフレンチ Aux Armes De BRINELLEに。

クリスマスコースで頼んでみたものの、やはりちょっと量が多かったです、味は超良いのですが。。。

 

さて、明日からルクセンブルグに電車で移動します。

 

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)