8月 112018
 
Pocket

超忙しい日々だったのですが、1週間だけ夏休みの権利を得たので今回は北欧に行くことに。

北欧と言えば、オーロラでしょう、とか色々妄想していたのですが、逆に調べてみると7月はフィヨルドのベストシーズンだとか。。。。というわけで、オーロラ気分だったのもつかの間、フィヨルドが第一目的に変わって旅行は始まります。

 

7月10日(火)

まずは到着。

最近旅行用の写真を撮るのに、空港とか飛行機を撮るのが面倒になってしまって殆ど写真が無いのですが、とりあえず到着したホテルの目の前の湾?の写真。

これが夜になるとこんな感じ。

初日からテンション上がりますね。

前回の東欧3か国旅行の時に思ったことを完全に忘れていたのですが、とにかく北欧の夏は昼が長い。。。7月だと23時に暗くなって、朝4時には明るくなる生活なので完全に疲れがたまります。

 

なお、今回泊まったホテルはRadisson Collection Strand Hotel, Stockholmというところ。

Radissonは仕事で泊まりまくっていた時期があってポイントが異常なまでに溜まっていたので、実質北欧旅行だと宿には一円も払わずに済みました。。。これだけ酷使されたんだから、そのくらい会社が負担してくれた、と思って気分良く泊まってます。

 

7月11日(水)

まずは待ち歩き、ということで中心部の王宮に。

これはいわゆる裏門?というか横門?ですが、地図もあるし中身の雰囲気が見えます。

ここから壁に沿うようにして入口に向かうと、中には広場があります。

ここを起点にして移動するのですが、まずは出発したのが遅かったこともあり、奥の広場のところで衛兵の交代式があるようなのでそちらに移動。

黒い人たちが中にいる人で、別の黒い部隊が後から出てきます。そこで交代が行われます。

横から白い人たちが出てきて、彼らは音楽隊で交代式の始まりと終わりで音楽を奏でてくれます。尚、交代が終わると別途この広場でコンサートが継続されます。

交代式が終わったので、王宮から旧市街に抜けて大聖堂(Cathedral)へ。

欧州の教会は結構色々行きましたがここはここで荘厳です。

王宮にある宝物庫では、王冠が一番有名なのですがなぜか写真を整理していても出てこないので、また見つけて思い出したら記事をUpdateします。

 

大聖堂の道沿いに歩いていくと、ノーベル博物館があるのでそこに立ち寄り。

 

中の写真を撮り忘れたのですが、歴代受賞者の功績とノーベルの一生が展示されています。

ノーベル賞は個別に認識することがあっても、時系列や賞の種類ごとにみたりする機会がないので結構面白いです。

 

というわけで本日の観光はコレで終えて、夕食。

スウェーデンに来たらスウェーデン料理でしょ、ということでピッティパンナを発注。後は、ジャガイモのお酒、ということで言われるがままに注文。

これが結構強いお酒で、ビールと割りながら飲め、とアルコールオンアルコールを強要されました。

7月12日(木)

スウェーデン最終日ということで、午前中にArchipelago(離島めぐり)をするべく、ホテル前の港でチケット購入。とりあえず行ってみたかったVaxholm行のチケットが14時ということで、それまでにSkansenを観光することに。

要はスウェーデンの昔の暮らしを再現したテーマパークということで、中にも動物園があります。

この動物園の動物がさてスウェーデンにもともといたのか、というのは不明ですが。。。まさかマダガスカルで見たレミュールがここにいるとは思わず。。。

とはマントヒヒやらイノシシやらくまやら色々います。

そんなこんなで14時になったので乗船。

ゆったりと一時間半くらいかけて島渡りをしました。

Vaxholmに到着すると、すぐ目の前に城塞があります。

殆ど時間が無かったので、一時間ちょっと島に居てそのままStockholmに折り返し。

 

7月13日(金)

朝はスウェーデンの素敵な景色を見て、そのまま今回の最大の目的となるフィヨルド観光に向けてベルゲンを目指します。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)