8月 112018
 

7月15日(日)

さて、今回の旅行の最終地オスロです。

オスロ市内はこんな感じで、結構都会。オスロでもRadissonに泊まりました。

まずは国立美術館にいき、やはり目的のムンクを見ます。

ムンクは叫び以外にもいろいろあって見られるのですが、とりあえず枚数の都合もあるのでムンクの叫びとゴッホだけにしました。

そこからはこの旅行で威力を発揮した観光バスを利用していろいろ移動します。

オスロ大学

国会議事堂

コンチキ博物館

コンチキ博物館はイカダでチリからポリネシアに人類が移動したという仮説を船で実際に検証した船の記念館で結構面白いです。

 

続いて、北極海探索を行ったフラム号が展示してあるフラム博物館。

最後にバスで移動していた時にあった豪華客船。

これはリタイアしたらゆっくり世界一周とかしたいなぁ、と思ったのでメモとして。。。

8月 112018
 

7月13日(金)

まずはスウェーデンを抜けてベルゲンに到着。

久々に空港の写真。

空港からバスで30分位で市内に移動、先ずはホテルにチェックインします。

ノルウェーで泊まったホテルはClarion Hotel Admiral, Bergen、結構いいホテルでした。(朝ご飯が美味しい。。。)

 

さて、フィヨルドばかりであまり街のことを調べていなかったのでとりあえず散策。

近くにフィッシュマーケットがあることはバスのなかでのアナウンスで確認していたのでまずはそこへ。

魚も豊富で、何よりその場で調理して料理にしてくれるのは素晴らしい。。。ビールと共に飲んだくれます。

 

続いて街を観光。

フィヨルドの観光ハブになるベルゲンの街は木造旧家屋が有名で、カラフルかつ繋がっている長屋があります。

家の間は階段だったりで繋がっていて、奥の方はオブジェが有ったりと、とにかくユニークです。

日本でも日本式家屋になれている人はあんまりおもしろくないかもしれませんが。。。

とりあえず到着日の街散策はこれくらいにして、明日のフィヨルド観光に備えます。

 

7月14日(土)

さて朝の8時に目の前の港からクルーズ船に乗ります。

朝から天気が悪いのでどうなるかと思っていましたが、13時の到着前にはもう晴れて気持ちいい青空です。

フェリーで4時間くらいかけて移動するのですが、フィヨルドがでかすぎて全く中にいる感覚がありません。その一方で、中には別荘?なのか分からない家もたくさんあり、なかなか興味深いです。

フィヨルドをパノラマで取るとこんな感じです。

そんなこんなで目的地のFramに到着します。

普通の観光ルートはベルゲンから鉄道を使ってフラムに入って往復するか、船で往復するらしいのですが、今回は船で入って鉄道で抜けるパターンで組んでます。

 

というわけで鉄道。

中にはノルウェー伝説のトロール。

写真ではなかなか伝わらないのですが、氷河が削った入江に海水が入り込んだということもあり、とにかくすぐそこに崖がある、という状態です。

 

ここで昼食をたべてそのままフラム鉄道でベルゲンに戻ります。

昼食時は元々北欧なんだから寒いだろ、、と思って重装備できましたが、夏の北欧は半袖で歩いている人が居るくらいポカポカして気持ちいい気候。これだけが最大の失敗です。

 

移動の船の時に鉄道を予約したのですが、NSBに電話して気付いたミスがあったのでこれを見る人のために備忘。

Fram stationから間の乗継駅になるMyrdal迄はフラム鉄道、その後はノルウェー国鉄NSBに乗ってベルゲンに戻ります。フラム鉄道とNSBのウェブが違うのでバラバラに予約しそうになるのですが、そもそも乗継駅のMyrdalには何もないことから、バラバラに買うと接続チケットが買えず、往復チケットを2セット買わされます。

電話で聞いた限りでは、NSB側でFramからの接続チケットが買えるので、NSB側で買うことになります。間の乗継が10分位しかないので乗り過ごしたら責任とれません、という警告が出ますが、Myrdalは同じホームで1分で乗り換えできますので気にする必要はありません。

 

さて、長くなりましたがフラム鉄道に乗って移動します。

これもネットで調べましたが、Fram=Myrdalに向かうときは右か左のどちらが景色が良いか、という話ですが、Myrdal行きは右側、Fram行きは左側、と言う意見が多いです。

個人的には以下が注意点です。

1.座る席は窓が開く席にすべき

2.Fram側の景色(花とか川とか)を楽しみたいなら左側、Myrdal側の景色(主に崖)を楽しみたいなら右側

上の写真二枚は、左側の席の写真です。左側席で窓が開く席の人に写真を撮らせてもらったので、この手間が無くなります。

 

さて、なんだかんだしているうちにMyrdalに到着します。

一枚目は乗換駅なのでその場で乗り換えられることが分かると思います。

そこからNSBに乗り換えてベルゲンに向かいます。

ベルゲンに向かう途中駅で、VOSS駅に止まります。これはご存知の方も多いかと思いますが、一本5ドル位する超高級天然水VOSSの産地です。(Emiratesだとラウンジで飲み放題ですが。。。)

そんなこんなで中央駅まで戻ってきました。

あまり写真では伝わらないのですが、やはりフィヨルドは中々だったので今度は違うところにチャレンジしたいなぁ、と感じた次第です。

 

明日はベルゲンを終えてオスロに移動します。

8月 112018
 

超忙しい日々だったのですが、1週間だけ夏休みの権利を得たので今回は北欧に行くことに。

北欧と言えば、オーロラでしょう、とか色々妄想していたのですが、逆に調べてみると7月はフィヨルドのベストシーズンだとか。。。。というわけで、オーロラ気分だったのもつかの間、フィヨルドが第一目的に変わって旅行は始まります。

 

7月10日(火)

まずは到着。

最近旅行用の写真を撮るのに、空港とか飛行機を撮るのが面倒になってしまって殆ど写真が無いのですが、とりあえず到着したホテルの目の前の湾?の写真。

これが夜になるとこんな感じ。

初日からテンション上がりますね。

前回の東欧3か国旅行の時に思ったことを完全に忘れていたのですが、とにかく北欧の夏は昼が長い。。。7月だと23時に暗くなって、朝4時には明るくなる生活なので完全に疲れがたまります。

 

なお、今回泊まったホテルはRadisson Collection Strand Hotel, Stockholmというところ。

Radissonは仕事で泊まりまくっていた時期があってポイントが異常なまでに溜まっていたので、実質北欧旅行だと宿には一円も払わずに済みました。。。これだけ酷使されたんだから、そのくらい会社が負担してくれた、と思って気分良く泊まってます。

 

7月11日(水)

まずは待ち歩き、ということで中心部の王宮に。

これはいわゆる裏門?というか横門?ですが、地図もあるし中身の雰囲気が見えます。

ここから壁に沿うようにして入口に向かうと、中には広場があります。

ここを起点にして移動するのですが、まずは出発したのが遅かったこともあり、奥の広場のところで衛兵の交代式があるようなのでそちらに移動。

黒い人たちが中にいる人で、別の黒い部隊が後から出てきます。そこで交代が行われます。

横から白い人たちが出てきて、彼らは音楽隊で交代式の始まりと終わりで音楽を奏でてくれます。尚、交代が終わると別途この広場でコンサートが継続されます。

交代式が終わったので、王宮から旧市街に抜けて大聖堂(Cathedral)へ。

欧州の教会は結構色々行きましたがここはここで荘厳です。

王宮にある宝物庫では、王冠が一番有名なのですがなぜか写真を整理していても出てこないので、また見つけて思い出したら記事をUpdateします。

 

大聖堂の道沿いに歩いていくと、ノーベル博物館があるのでそこに立ち寄り。

 

中の写真を撮り忘れたのですが、歴代受賞者の功績とノーベルの一生が展示されています。

ノーベル賞は個別に認識することがあっても、時系列や賞の種類ごとにみたりする機会がないので結構面白いです。

 

というわけで本日の観光はコレで終えて、夕食。

スウェーデンに来たらスウェーデン料理でしょ、ということでピッティパンナを発注。後は、ジャガイモのお酒、ということで言われるがままに注文。

これが結構強いお酒で、ビールと割りながら飲め、とアルコールオンアルコールを強要されました。

7月12日(木)

スウェーデン最終日ということで、午前中にArchipelago(離島めぐり)をするべく、ホテル前の港でチケット購入。とりあえず行ってみたかったVaxholm行のチケットが14時ということで、それまでにSkansenを観光することに。

要はスウェーデンの昔の暮らしを再現したテーマパークということで、中にも動物園があります。

この動物園の動物がさてスウェーデンにもともといたのか、というのは不明ですが。。。まさかマダガスカルで見たレミュールがここにいるとは思わず。。。

とはマントヒヒやらイノシシやらくまやら色々います。

そんなこんなで14時になったので乗船。

ゆったりと一時間半くらいかけて島渡りをしました。

Vaxholmに到着すると、すぐ目の前に城塞があります。

殆ど時間が無かったので、一時間ちょっと島に居てそのままStockholmに折り返し。

 

7月13日(金)

朝はスウェーデンの素敵な景色を見て、そのまま今回の最大の目的となるフィヨルド観光に向けてベルゲンを目指します。

8月 112018
 

※すいません、一年前の写真整理記事です。※

エジプトは二回目ということもあり、ちょっと解説手抜きで。。。

【世界一周旅行】南ア⇒エジプト:カイロ(32日目:2013/1/1)

前回はギザ付近だけだったのですが、今回はナイルクルーズとアブシンベル神殿までいってきました。

 

アブシンベル神殿

 

夜になるとライトアップショウもやっています。これがなければ日帰りの観光客もかなりたくさんいます。

ショウの後は早起きすれば朝日も拝めます。神殿の向きはこの朝日の向きに設計されていて、最も日が長い日(日本的には夏至?)にだけ一番奥まで自然光が入る仕組みになっているそうです。

現存のアブシンベルは移動させられたものなので移動したときも緻密な計算を行ったのでしょうが、当時もその設計だったらしいのでエジプト人の技術力にはいろいろ恐れ入ります。

アスワンで泊まったオールドカタラクト

Sheikh Zayed(UAE建国の立役者)も泊まってます。

チャーチルが宿泊した部屋はPresident sweetとして部屋が準備されています。ちょうどチャーチルの映画を見たので、結構感慨深いです。

そこからアスワンからルクソールに向けてクルーズ。

アスワンハイダム

クルーズ船の中

ルクソールではパピルス製造過程も見ました。

後はハトホル神殿・デンデラもせっかくなので一気に観光して帰りました。

デンデラは好みが別れますが、やはり保存状態も良く色がはっきりしているので行く価値はあると思います。

仕上がり10月27日から11月4日の長期でしたが、やっぱりエジプトは時間をかけて観光したほうが面白い国ですね。