6月 112016
 

うちのiPhoneが壊れまして、緊急でAndroid端末を調達したのですが、海外で調達すると日本語が使えないんですね。。。。

というわけで、いろいろ調べたところ、以下の対応が必要なようです。

  1. まず普通の端末だと、USB Debug Modeに入れないようなので、設定する。(昔、Androidを使っていたときは当たり前に設定していたのですが。。。)
  2. Root化する。そうじゃないと、Multi Localeを設定できないらしい。
  3. 日本語Localeをインストールして、日本語入力も併せて設定する。

1. USB Debug Modeを入れる。

どうやら、普通の端末ではそういう設定がないらしいので、設定をします。ちなみに、当たり前ですが、日本語を使う前提なので、英語で探す必要あります。
Settingから、About phone(ものによっては、About Deviceらしい)を開く。そこにOSのVersion情報が書いてあるので、そこを10連打くらいします。そうすると、突然、「you are the developer!」といきなり熱烈歓迎してくれるようなので、これで完了です。

このModeに入ると、About phoneの上に、Developers Optionというのが出てきます。このなかに、USB Debug Modeなるものが出てくるのでこれをチェックすれば完了です。

2. Root化する。

相変わらず、これが一番苦戦したのですが。。。でも、昔のAndroid3とかを使っていたころに比べると超楽になりました。
まず、以下をダウンロードします。

 Kingo Android Root
 http://www.kingoapp.com/

Google Playからでもダウンロードできますが、Versionが古いかうまく動かないといわれる可能性がありますので、上記URLから直接ダウンロードするほうがBetterと思います。なお、ご参考ですが、AndroidはすべてApkというファイルがアプリケーションファイルになっています。つまり、これをダウンロードすれば勝手にインストールされる仕組みになっています。というわけで、KingoRootをダウンロードしてインストールします。

もしダウンロードするときにSecurity云々を言われたら、設定でPlay Store以外からのダウンロードを認めるかどうかという設定があるので、それをYesにすれば問題なくインストールできます。

インストールしたら、後はボタンを押して終了です。俺がやったときはなぜか5連続で失敗しましたが、根気強く待っていると成功します。(というか、A7000に関しては今回は成功したので、間違いなく成功します)

3. Multi rocaleにする。

続いて、Play Storeで、「Morelocale2」をインストールして終了です。このままでは日本語が打てないので、「Google日本語入力」も併せてダウンロードして入れておくとよいかと思います。他ページだと、OpenWnnを入れましょう、という話もあるのですが、個人的な好みではWnnはLinux時代からあまり信用していないので、Google日本語入力かな、と思う次第です。あんまり知られてませんが、Wnnは「うんぬ」と読みます。

 

スクリーンショットもつけようかと思ったのですが、暑くてやる気が起きなかったので文字だけです、すいません。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)