12月 222012
 

マスタード事件からのヨハネス入りですが、時間は9時着。
軽くディレイにしてはまあまあの時間につきました。

荷物についても、今回はよくあるラッピングサービスを使ったので、特に問題もなく。
カギは壊れされないし、ロスバゲしてもそれなりに保証されるらしいので、やはり大陸間移動はこれに限る。。。
次のビクトリアフォールズからの移動もラッピングしよう。。。

さて、とりあえず到着したヨハネスブルグ空港。
まだ入国してすぐのゲート前ですが、非常にアフリカンな感じ。

ゲートを出た空港内もこんな

危ない感じはしませんが、ブエノスの件もあるので気を引き締めて移動。
まずは観光案内に行って、ホテルの名前を伝えて移動開始。今回は有名なホテルだったらしく、専用バスターミナルに出てホテルまで移動。
南アは英語が通じるのでラクラク。
周りに白人の方もたくさんいたので、くっつくようにして集団行動することだけは注意。。。

ついたホテル、Peermont met courtはこんな感じ。

すごくキレイなホテルで、これで5,000円はいいなー、と思っていたら、ホテルがまだチェックインできないらしい。
まあ10時前だし、そりゃそうだよなー、とおもいつつ30分待てと言われるのでロビーで待っていたら、
「部屋が変わった」、「前の客が出てこない」・・・とごたごたされて、結局チェックインは12:50に。
ほんとは13時からのタウンシップツアーを申し込みたかったし、それもロビーで伝えていたのに、申し込めないじゃないか。。。
安いなりに仕方ないのかも、、、まあヨハネスについては、安全であることが一番なので、特に問題なし。

仕方なく、14時からのツアーを発見して、電話してみる。
一人しかいないからプライベートツアーなので、800ランド(8,000円)要求されるという。。。
さすがに相場をはるかに超えているので、交渉して600ランドにしてもらい、その内容をメールしろ、というのでメールして待つこと30分。
メールも電話もないし、メールの返事すらない。。。ふざけんな。。。

仕方なくヨハネスブルグ空港でも観光するか。。。ということで空港に送迎バスで戻って、観光、というか中をうろうろしてみました。
空港内部はさすがに安全らしく、そこそこうろちょろできました。

空港を見ていると、ワールドカップで鉄道が出来たことで安全に行けるサントンに行ってみたかいという気になるも、時間が16時なので18時を超えるスケジュール。
18時を越えて一人でダウンタウンの近くをうろつくなんて、さすがに死にたくないので、やめました。

いたしかたなく、空港でワインを買ってホテルでゆっくりしましたとさ。

ちなみに、PeermontではWifiはフリーではなく15Mまで無料。メールをちょっと読んだら、一瞬でなくなります。
南アのネット環境はかなり良くないらしいので、注意が必要みたいです。
フロント曰く、4つ星以上はフリーらしいけど、どうなんだか。

なにもしてない一日でしたが、明日はケープタウンに向かって、南ア観光を本格化させていきます。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)