7月 122010
 

さっきmixiをみてたら、足跡がついてて、その人のブログをみてました。
なんか就活対策のブログでした。内容はいつもどーりな感じ。

就職活動って不思議なもんで、色々なテクニックがあるらしい。
結論を最初に持ってくる、”ロジカル”に話す、強みを話す、などなど。
でも、意味ないんだよなーw
”ロジカル”に話す、ってこちらが教えてほしいもんです。

しかし、よくよく考えると、就職活動ってどんなに不況になっても毎年シーズンがあるわけだから引っ越しと一緒で、ビジネスとして狙うには良い領域なのかも。
しかも、みんな初めてなわけで、藁にもすがる気持ちで受けてるだろうし。

個人的には、アドバイスって一つか二つしかなくて、それさえ守れば、あとは相性問題だと思うんだけどな。
果たしてそれに何人の人が気づくんだろうか。

あと、なぜ内定の数が多いと偉い風潮もやめたほうがいいと思うんだよなー。
断るのも体力いるし、内定が多いと偉いわけでも、すごい訳でもないしなー。

これからインターンシーズンらしく、うちの会社も面接官が大変らしいです。
今日うちの部の面接担当の人がいってた一言。

「学生さんにさー、○○さんのキャリアプランを教えてください、って言われたんだけど、俺が教えてほしいって思った」

だそうです。かなり同感。

ま、ようはそういう難しいこと言わずに、ふつーにお話したほうがウケはいいとおもうんだけど。